南房総鴨川の浜

60歳を過ぎ、ジジイになった私は、白内障の手術を勧められ、南房総一番の総合病院”亀田病院”を訪れました。房総に不似合いなほど近代的な大病院です。結果的には、今のところまだ矯正によってある程度の視力が得られるので無理に手術することがないとわかり、面倒なことは先送りすることにしました。予約時間までにちょっと余裕があったので砂浜に行ってみ…
コメント:0

続きを読むread more

房総勝浦の愛宕権現様の浜

今日はこの春一番昼間の気温が上がったようです。勝浦東大の先のいつもの散歩コースで、以前から気になっていた「愛宕権現様」に行ってみました。 とはいえ、情けないことにわたくし愛宕権現というのが何を意味するのが全く知りません。愛宕も、20年ほど前に働いていた事務所があった都内港区愛宕が大元かと思っていたくらいです。それはともかく、風…
コメント:0

続きを読むread more

房総勝浦の中央海水浴場

勝浦市のどまんなかのビーチ。勝浦中央海水浴場。このあたりのビーチにはなぜか鳥居が立っています。周辺のビーチに比べ、テトラポッドなどが多く、お世辞にも良いとは言えません。最近、武漢肺炎(Covid-19)が武漢で蔓延した時に武漢から日本への第1便の救出便に搭乗していた日本人を2週間隔離するための宿舎として使われたホテル三日月のすぐ脇で…
コメント:0

続きを読むread more

房総勝浦の部原海岸

なかなか解放感のある豊浜のビーチ。武漢肝炎の流行でここ千葉県も含めて非常事態宣言が出され多くに人が自宅に引きこもっています。気分転換には、海岸散歩が一番です。感染の危険もないでしょうし。よてもいい天気が続き、サーファーもいます。あまり波がなく、波の高さ1.5mとのこと。国道128号線がすぐそばを走ります。14階建てほどのマンションで…
コメント:0

続きを読むread more

房総興津の砂浜

勝浦に住んで2年目になりますが、その興津海岸に昨日はじめてやってきました。天気も良く、非常に気持ちのいい砂浜です。この近辺では一番気に入りました。ゴミも少ない。空き家があったら買いたいほど。 犬の散歩をしている人を多く見かけました。しかし、公園には「犬の連れ込み」は禁止だそうです。こんな文言初めてです。 春爛漫。 …
コメント:0

続きを読むread more

房総の守谷海岸

巷では武漢ウィルス肝炎の影響が多大で今日明日にも非常事態宣言が出されるかと報道されています。4月の好天気、勝浦西の守屋海岸を訪れました。ひろびろとした気持ちのいい砂浜です。 Iol_X4¢er=%E5%AE%88%E5%B1%8B%E6%B5%B7%E5%B2%B8&size=400x400&zoom=15&markers…
コメント:0

続きを読むread more

房総勝浦の鵜原海岸

一昨年の秋、パラオでの仕事が終わって帰国し、勝浦猟友会に入れてもらい、にアパートを借りて狩猟(有害鳥獣駆除)を始めました。勝浦には国際武道大学という私立大学があり手ごろなアパートがたくさんあり、空室が多いです。ケモノ以外に砂浜で投げ釣りをやりたいと思い適当な浜と指南をしてくれそうな先輩を探しているところです。 まさ…
コメント:0

続きを読むread more

安波の浜(やんばる)

5年ぶりにやんばるを一周しました。カヌチャベイリゾートに近い、辺野古の基地建設予定地に近い安部二以降と思ったところ、間違えて安波に行ってしまいました。このビーチは訪れたことがなかったため、見に行ってみました。コンクリートに覆われ、がっかりしました。 河口とビーチとの間に長い突堤があります。釣りに最適の様子。 近くの畑では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多良間島のアカダン(島南西部の浜)

多良間島はとても平たい、サンゴ礁が隆起して出来た島です。自転車で走り回るのにちょうどいい大きさです。島の南西部にあるのがこの浜。 浜の後背の砂丘の上には、木でできた柵が並んでいます。このような光景は、たとえば種子島でも目にしました。海浜植物も植えられています。 島にはヤギがたくさん飼われています。 ですので、ヤギ汁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多良間島のタカタ

以前、那覇に住んで毎月のように石垣島に出張していましたがそのころ、宮古島と石垣島の間に浮かぶ多良間島をいつもヒコーキの窓から眺めていました。今回初めて実際に訪れてみました。たくさんの美しいビーチがありました。ここは、タカタ。 実に美しいビーチを持つ島です。今後も機会があれば、訪れたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡口の浜(伊良部島)

これまでは、伊良部には佐良浜しか訪問したことがないため、断崖絶壁の島との印象がありました。しかし、島の南、下地島ま近にすばらしい浜があります。 狭い海峡を挟み下地島が見えます。 風紋も美しい。 海の波はどれだけ眺めていても飽きることがありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐和田浜(伊良部島と下地島の間)

18世紀の明和津波で打ちあがった岩が浅瀬に並び、特異な風景の佐和田浜。天気もよく、快適な散歩を楽しみました。  下地島には有名な訓練飛行場があります。この日は、ANAの777がタッチアンドゴーの訓練をしていました。この飛行場に、尖閣にやってくる中国機を追うためスクランブル発進を容易にするため、より尖閣に近いことから自衛隊機を配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大神島の浜(宮古島の北東の離島)

これまで訪れる機会がなかったあの大神島にはほとんど砂浜が残っていません。唯一のビーチはこの嘴状の砂だまり。この神の島で、土木工事をした際に大切な岩を傷つけたことから工事従事者が病気になったり重機が壊れたりしたことが知られています。しかし、今日では、かつてはウミガメが寄った浜も埋め立てられコンクリートの壁に囲まれてしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池間島のイキズ(宮古島の北の離島)

池間大橋で宮古島とつながった池間島。風光明媚な島で、いくつかの美しいビーチがあります。コンクリート構造物のないビーチは本当に美しい。 池間島には環境省の「日本の重要湿地500」のひとつとされる「池間湿原」があります。ここは、かつては海につながる内湾であったものが、漁港工事により湾口が閉ざされて淡水化、生物相も変化して今日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫払浜ムスヌン浜(来間島、宮古島の南西)

せっかく宮古島に来たのでレンタカーを借りて(なんと24時間3千円という割引価格)ぐるっと回りました。それで、宮古島南西の橋でつながった来間島を一回り。まず車を止めたのが、変わった名前の虫払浜。あぶしばれーをする浜でしょうねえ。とても気持ちのいい浜です。 島はそのほとんどがサトウキビ畑。カーナビがないと自分がどこにいるのかわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那覇前浜(宮古島)

宮古島の南西にあるひろびろとした前浜。東急リゾート前。白く細かな砂が輝きます。 浜からは来間島とそこにつながる来間大橋がながめられます。 一角にはビーチバレーのコート。 沖縄島と石垣島の間で、素通りされがちだった宮古島ですが、最近は格安航空会社の就航で観光客が増えたと聞きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂山ビーチ(宮古島)

3年余り前に家族と来たことがある砂山ビーチ。砂丘の高さと、砂粒の細かさにおどろきました。懐かしいトンネル。宮古で一番有名なビーチでしょうか。 立派な砂丘を越えてビーチに出ます。とてもよく晴れた冬日、ちらほらと観光客の姿も見えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前浜ビーチ(阿嘉島)

サンゴの増養殖のお手伝いで阿嘉島にある水産土木建設技術センターの施設に来ました。かつて30年前には自分でも瀬底島でサンゴを育てていたのを思い出します。 集落の前のビーチ。せっかくの展望ですが裾礁の上に設置された防波堤が視界をさえぎります。ビーチ脇のパーラーで毎日昼食。  沖ノ鳥島を水没から防ぐためのサンゴ礁の活性化を目的とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波の上ビーチ(沖縄・那覇)

仕事で沖縄に来ました。まず那覇の波の上ビーチに行ってみました。ビーチの前には2本の大きな橋がかかり、車の音が常に聞こえます。水もなにやら奇妙な濃い緑色。夏でもちょっと水に入りたいと思う人は少ないでしょう。浜へ降りるのはコンクリートの階段とスロープ、波の上宮下の岩の周りには柵が設置されています。なんとも過保護な浜です。  1月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮・五十鈴川御手洗場

日本でもっとも尊いお宮とされる伊勢神宮にはじめて行ってみた。金曜夜9時半に夜行バスが東京駅を出発し、夜明けに、二見興玉神社・夫婦岩を見て、月讀宮(内宮別館)、外宮(豊受大神宮)、猿田彦神社、内宮(皇大神宮)を訪れた後おかげ横丁で昼食をとって東京駅に9時ごろ帰ってくるという強行軍である。 これは、内宮で心身を清める五十鈴川御手洗場。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安房鴨川のビーチ

3年もパラオに住んでいたので冬の寒さが辛い。はやく暖かな海に戻りたい。そこで、電車に乗って衝動的に外房線から内房線を回ってきました。その2つの線路の始点がここ安房鴨川。 東西に長い楔状の平野がこのビーチで海に沈みます。とても住みやすそうです。老後はこのあたりで、イノシシ猟や釣りでもして暮らすのもいいかもしれません(家族は反対するで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Saban Beach (Philippine, Mindoro島, Puerto Galera)

White beachから1時間近くサイドカー・タクシーで走ると、Sadan Beachにつきます。White beachがフィリピン家族向けなのに対し、ここは、西洋人客が多くバーやクラブが並ぶ遊び場とのこと。残念ながら、ビーチもあってないようなもの。ビーチ好きはここには来ない。 なんとこのサイドカー、定員が4人。どうやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

White Beach (Philippine, Mindoro島, Puerto Galera)

マニラに英語の試験を受けに行ったついでに、ルソン島のすぐ南に浮かぶミンドロ島のプエルと・ガレラに足を伸ばしてみた。バスとボートそれぞれ1.5時間、合計1000円ほどでいける。マニラから来ると別天地。すばらしいビーチが点在する。ここは、White Beach。プエルトガレラでは、一番ひろびろしているように見える。 このビーチは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏家河子海岸(中国大連の近く)

大連の観光情報で、とても美しい自然海岸という紹介があったので1時間半かけて訪れたのがここ夏家河子海岸。バス代は驚くほど安く片道1元(13円)。着いて驚いた。砂浜は狭くほとんどがコンクリートの階段状護岸、ごみだらけで、上には高速道路がとおっている。 今日は中秋際。皆家でテレビを見ているのだろうと思ったが、人も100人くらいいた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルビンの松花江河畔(中国黒龍江省)

この時期に中国に来るなんて、と中国人の友人にも驚かれましたが、幼少からの憧れの地、旧満州をすこしだけ歩き回る機会がありました。ここは、黒龍江省ハルビンの中心を流れる松花江の河畔です。 ハルビンには大連から夜行の寝台列車で行きました。日本では姿を消しつつある寝台列車。快適とはいえませんが有意義な経験をしました。特に、駅の切符…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Cairnsの浜(オーストラリア)

10数年ぶりに訪れたオーストラリアのケアンズはずいぶんと都会になっていました。中国、台湾、日本、韓国からの観光客が大量にやってきているようです。今回はサンゴ礁関係の学会に参加しました。 この浜は幅の狭い砂浜と沖に向けた泥干潟でできています。北と南はマングローブで縁取られています。グレートバリアーリーフはずっと先です。 こ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

3度めのNgerbelas(パラオ・カヤンゲルの無人島)

無人島でひとりキャンプしようとまたNgerbelasにやってきました。カヤンゲルでワークショップをする環境NGOのグループに同行し、その近くの無人島に足を延ばしました。 驚いたことに、前回使わせてもらった小屋が、すっかりその下の地面ごと流されてしまっていた。下の写真は、去年の12月のもの。簡単な屋根と床だけの小屋。 それ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

座間味島の古座間味ビーチ

フェリーを待つ間、歩いていける距離にある古座間味ビーチを訪れました。これがなんと素晴らしい広々としたビーチ。こんな小島に、これほどのビーチがあるとは知りませんでした。なんで誰も教えてくれなかったのか。 粗い砂を踏んでは時からは時まで歩くと、たっぷりと運動もでき、気分も最高です。美しい。しかし、遠くに見えるあの直方体が気になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間味島の北の浜(女瀬の崎と稲崎の間)

歩きたくて島を半周することにしました。高台から砂浜が見えます。 急な、しかも崩れかかった細い道がありましたので、降りて行ってみました。 かなり漂着ごみも多いですが、素晴らしい海岸です。こんなところで、何日かキャンプすると最高でしょうねえ。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

座間味の阿真ビーチ

大雨の中、阿嘉島から座間味島に村内連絡船で渡り、今回お世話になる民宿のある阿真へ。座間味の中心からちょいと西です。ここも素晴らしいビーチに面しています。 砂浜からぴちゃぴちゃと泳ぎだすと、アオウミガメに会いました。4月でしたが、そろそろ産卵シーズンでしょうか。 向かいに見えるあたりが、この前、ラムサール条約に登録された海域で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

阿嘉島の西浜ビーチ

数年前の夏以来、しばらくぶりにやってきました。広々としてだあれも居ません。ここは、漁業者とダイビング業者が共に、サンゴ礁の回復のための利用を制限しているので有名な場所です。 しかし、期待しているようにはサンゴ礁の状況はよくなく、オニヒトデの食害などで随分サンゴが死んでしまったままになっているとのこと。今回は泳いで観察することはでき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

阿嘉島のヒズシ・ビーチ

千葉の埋め立て地から逃れ、懐かしい沖縄へ。サンゴの養殖施設を見学することを口実に阿嘉島へ。港の西の展望台に登ったら、その北側に小さなビーチが見えた。 あまりに心地よく、2日通いました。実に美しい。リタイアしたらこんなところに住みたい。那覇からも近いし、飲みにも行ける。 記念に、今度パワーポイントの背景に使おうと砂と岩の写真を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

検見川浜(一年ぶりのシャーバル)

桜が満開の4月に、一年ぶりに稲毛に来ました。ヨットハーバーの北の浜・検見川浜を散歩。ここも人工ビーチですが、南の稲毛の浜よりコンクリートが目立ちます。 こんなところでも、散歩と言うとつい海岸に来てしまいます。 満開の桜。 こんなにしないと浸食されてしまうのでしょうか。パラオからやってきてこの光景を見るとSFの世界です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ngerchur再び(パラオOlle村の北の離島)

娘の12歳の誕生日ですが、単身赴任の私は再びNgerchurにキャンプに行くことにしました。ちょっと潮が引いていて満潮であれば波が洗っているであろう東岸のビーチが広々と見えます。 まるで誰かが集めてきたように、ココナツやその他の小さな木の実がビーチの一角に固まっていました。 マングローブ林も少し広がっています。 前…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Kayangelの離島Ngerbelas南のビーチ(パラオ)

先週末、仕事の関係者達がKayangelに行くというので、その近くのNgerbelas島で一人だけボートから下してもらいました。この素晴らしい浜で2泊です。そんなに人が嫌いなのかと言われもしましたが、最高の週末を過ごしました。 この小島の北には、私の世界ベストビーチがあります。 最近は、こんなところまで観光客が来るように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マジュロ環礁のLauraのビーチ(マーシャル諸島)

ミクロネシアの環礁と言えばマジュロ。細い島が、やや東西に広く、輪のようにつながっています。その西端にはやや広くなった土地Lauraがありそこではタロイモも取れます。仕事の合間に同僚と昼飯を食いによってみました。 お昼はこんな感じ。 ゆでた蛸、蒸し焼きのパンの実、塩漬けの生魚とシャコガイ。タコはたいそう食いでがありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラオ・ロックアイランドの無人島

勤務先のボート運転手に連れて来てもらいました。この島は、ダイビングポイントとコロールを行き来するボートの通り道から外れているためか、一度も訪れたことがありませんでした。素晴らしいビーチ(に見えました)。 夕方と朝、何匹か魚を捕まえました。久々に魚を突く興奮を味わいました。スジアラとタマガシラ。 あとオジサン、微小ブダイ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ChuukのMoen島のBlue Lagoon Resortビーチ

ミクロネシア連邦の中ではいまひとつファンの少ないチュークですが、このBlue Lagoon Resortは別世界のように快適です。チュークの中心の島Moenの南端に位置します。 リゾートはよく育ったヤシの林に囲まれています。 一歩外に出ると水溜りだらけの道。子供がおぼれたことがあるそうです。 ご馳走のトカゲを持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ChuukのGeep島

20数年ぶりにミクロネシアのチュークを訪れました。仕事の合間に昼食を取るためGeep島に上陸しました。荒廃している街中とは別世界、すばらしく美しい小島です。 チュークは世界有数の面積を誇る環礁(もしかして1位?)で、環礁の中にたくさんの火山島があります。ダーウィンの沈降説を納得させるのに十分です。で、火山島以外にこのような礫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more