テーマ:パラオ

3度めのNgerbelas(パラオ・カヤンゲルの無人島)

無人島でひとりキャンプしようとまたNgerbelasにやってきました。カヤンゲルでワークショップをする環境NGOのグループに同行し、その近くの無人島に足を延ばしました。 驚いたことに、前回使わせてもらった小屋が、すっかりその下の地面ごと流されてしまっていた。下の写真は、去年の12月のもの。簡単な屋根と床だけの小屋。 それ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

Ngerchur再び(パラオOlle村の北の離島)

娘の12歳の誕生日ですが、単身赴任の私は再びNgerchurにキャンプに行くことにしました。ちょっと潮が引いていて満潮であれば波が洗っているであろう東岸のビーチが広々と見えます。 まるで誰かが集めてきたように、ココナツやその他の小さな木の実がビーチの一角に固まっていました。 マングローブ林も少し広がっています。 前…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Kayangelの離島Ngerbelas南のビーチ(パラオ)

先週末、仕事の関係者達がKayangelに行くというので、その近くのNgerbelas島で一人だけボートから下してもらいました。この素晴らしい浜で2泊です。そんなに人が嫌いなのかと言われもしましたが、最高の週末を過ごしました。 この小島の北には、私の世界ベストビーチがあります。 最近は、こんなところまで観光客が来るように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マジュロ環礁のLauraのビーチ(マーシャル諸島)

ミクロネシアの環礁と言えばマジュロ。細い島が、やや東西に広く、輪のようにつながっています。その西端にはやや広くなった土地Lauraがありそこではタロイモも取れます。仕事の合間に同僚と昼飯を食いによってみました。 お昼はこんな感じ。 ゆでた蛸、蒸し焼きのパンの実、塩漬けの生魚とシャコガイ。タコはたいそう食いでがありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラオ・ロックアイランドの無人島

勤務先のボート運転手に連れて来てもらいました。この島は、ダイビングポイントとコロールを行き来するボートの通り道から外れているためか、一度も訪れたことがありませんでした。素晴らしいビーチ(に見えました)。 夕方と朝、何匹か魚を捕まえました。久々に魚を突く興奮を味わいました。スジアラとタマガシラ。 あとオジサン、微小ブダイ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルクダープル島のKoror最寄りのビーチ(パラオ)

4月初めにミクロネシアの沿岸漁業についてのワークショップがあり参加しました。そのうちの1日は休息と情報交換をするために、参加者みんなでビーチに行きました。ビーチの名前が思い出せません-思い出したら書き込みます。 おそらく、首都コロールから一番近い自然のビーチ。ボートがないと行けませんが。ビールを飲み、魚やシャコガイを食べ、さま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ulong島の小さなビーチ(パラオ諸島)

友人の友人ご夫妻がはるばると日本からパラオへヨットでやってきました。パラオ在住の何人かの日本人とともにそのヨットでUlong島に行きました。あいにくの雨でしたが。 Ulong島はダイビングの際によくお弁当を食べるために訪れます。島の近くのUlong Channelはとてもお気に入りのダイビング場所です。しかしこのビーチは初めてでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離島Kayangelの離島Ngerbelasのビーチ(パラオ)

私の世界ベストビーチに輝いたNgerbelasのビーチです。環礁をつくる4つの島のうちの、Kayangelの2つ南の島です。北側に向かい砂浜が長く伸びています。久米島のはての浜のよう。 パラオに来て以来初めて、休暇を1日取り金土日の三連休としてやってきたかいがありました。最高のビーチです。 ここには、台湾から来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kayangelの外洋の浜(パラオ)

鏡のようなラグーンと違い、外洋の浜には強い風と波が打ち寄せます。 浜は、荒い砂やサンゴのかけら。漂流ゴミも目立ちます。 宿の主人が朝トローリングに連れて行ってくれました。2足りで2時間足らずで15匹のキハダやカツオやバラクーだが連れました。 近くで釣っていた船では、胴の直径40cmほどのサメを釣り上げたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kayangelのラグーン側の浜(パラオ)

なかなか行く機会に恵まれなかったKayangelをようやく訪れることができました。20年ぶりです。 ラグーンに面した浜はいつも静かで、夕日が鏡のように凪いだ海に沈みます。 Kayangelはバベルダオブ島の北にある環礁で、4つの島からなります。約60人ほどが一番北の島に住んでいます。 島の人たちが掃き清め、とても清潔で気持ちのいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ngerchelongの北の小島Ngerchurの浜(パラオ)

Babeldaob島の北の端Ngerchelong州のOlleiという村の沖にあるNgerkelau島に2月に訪れた後、先週はその隣のNgerchurという島にキャンプに出かけました。州の知事にお願いをして利用させていただくことにしました。漁師さんに送ってもらい、テントを張りました。 潮がかなり引いていて、ボートは島に近付けず、荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ngarchelong北の島Ngerkekelau (パラオ)

パラオの小島というとコロールとペリリューの間に散らばるロックアイランドが有名ですが、バベルダオブ島のすぐ北に2つの美しい島があります。ロックアイランドが隆起サンゴ礁でできているのと違い、ここは、(古い)火山島。 今回は、大変ストレスフルな(パラオでもそんなことがあるのです)会議の最終日にそこを訪れました。会議参加者みんなで、ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンガウル島のNguruheiビーチ(パラオ)

アンガウルは第2次大戦の激戦地で、当時血に染まったのでレッドビーチと名づけられた浜が、ペリリュー島を望む北海岸にあります。ここは、そこから反時計回りにぐるっと回った浜。地図ではNguruheiビーチとありますが、戦後、駐屯した米兵が適当にブラックビーチと名付けてもいるようです。 有孔虫の殻でできた砂はオレンジ色です。浅いイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンガウル島のNgedlockビーチ(パラオ)

約20年ぶりにパラオのアンガウル等を訪れました。この島は私が生涯初めての仕事としてかかわった港がある島で、そこにポートがついた瞬間はやや感動的でした。隆起サンゴ礁の島で、海岸線のほとんどはごつごつとしたサンゴの岩が連なりますが、いくつかの素晴らしいピーチもあります。 地図にはNgedlock Beachとありますが、地元の人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オル(Choll)の浜(パラオ・バベルダオブ島ガラルドNgaraard州)

この間パラオ在住日本人(の一部)の催し物でバベルダオブ島北部のビーチに遊びに行きました。南国パラオには車で行ける所にビーチは限られていてKororから1時間半ほどもかけてやってきました。ビーチの外には浅い裾礁が広がっていて、引き潮の際にはリーフの端まで歩いて行けます。 サンゴ礁からの波がひたひたと寄せ、ヤシの木が茂り、気分はバケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クムルベアブ・ビーチ(パラオ・ロックアイランド)

パラオには多くのダイバーがやってきますが一番の人気スポットはやはりブルーコーナ-、ブルーホールといったところでしょうか。この辺を潜ったあと弁当を食べるのによく立ち寄るのがこのクムルベアブ(KumurBeab)ビーチです。島自体の名前はOilouch(オイロウウ)、浜は別名ロングビーチ、潮が引くと長い砂州が干出します。 訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲメリスの浜(パラオ・ロックアイランド)

パラオで一番のダイビングスポット(ブルーコーナでしょうか)に近い島にあるビーチです。何度も近くを通過していましたが、島にははじめて訪れました。これまで訪れたパラオのビーチでは最高得点です。 天気も良く素晴らしく快適、激務の疲れも癒されようというものです。 このような島にしては大きな建物ができています。このような施設がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ンゲシイル島のビーチ(パラオ)

ンゲシイルというのはNgkesiilと書きます。パラオ語ではンやング(Ng...)で始まる単語がたくさんあります。それはともかく、ここは有名なロックアイランドの一つ、観光客には解放されておらず、パラオ人だけが使う島です。 ロックアイランドは20年前は、ビールの缶やピクニックやBBQのゴミがうずたかく積み上がり悪臭を放っていることもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリリュー島ハネムーンビーチ(パラオ)

ペリリュー島で壮絶な響きのあるオレンジビーチ、ブラっディービーチにつづき、ロマンチックな名前のハネムーンビーチを訪れた。これは、少なくともペリリューのビーチの中ではもっとも快適なものでした。 感じのいい東屋があり、島の人たちが子供を連れて遊びに来ているであろう様子です。 潮が引くとひたひたになるくらいの浅くて200mほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリリュー島のBloody Beach(パラオ)

Bloody Beachという凄まじい名前のビーチが、ペリリュー島の南にあります。どんな所かと思いましたら、静かで穏やかでなんとも平和な風景のところでした。 このような静かな海岸で多くの人が戦闘でなくなったとは衝撃です。日米両者、本国のお偉いさん達の立てた作戦を着実に実行するために(もちろん本国を守るという動機付も強かったでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリリュー島のオレンジビーチ(パラオ)

20年ぶりに住み始めたパラオで、ようやく離島を訪れる機会を持ちました。ペリリュー州の船で首都コロールから何と3時間もかけて歩くような速さでペリリューに着きました。まず行ってみたのは、オレンジビーチ。第2次大戦で、多くの日本人と米軍兵士の血が流れ、砂が赤く染まったことからその名がついたと聞いています。 民宿Mayumi Innに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラオローヤルリゾートのビーチ

パラオまで来て人口ビーチ!5年ほど前にできたばかりの日航ホテル系列のホテル。こじんまりとしたビーチが作られていました。自然石を使った防波堤に囲まれているので開放感たっぷりという感じはありません。 元・首都のコロールはビーチがないのでリゾートに必須アイテムのビーチは人工的につくる必要があるわけです。 この日は、ウルクダープル島…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Palau Pacific Resortのビーチ(パラオ)

パラオのリゾートの老舗でNgerkebesangにあります。東急系の比較的こじんまりしたよく手の行き届いた好感のもてるリゾートです。人工ビーチですが、創業25周年となると周囲の風景になじんでみえます。 コロール周辺はビーチがほとんどないので、ここは貴重なビーチです。車でもすぐ行けますし。 20年ほど前にもよくランチや散髪に訪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Fantasy Island (パラオ)

沖縄から千葉、そしてパラオへ。 新しい職場の仲間たちと、調査の途中で立ち寄ったのがここファンタジー・アイランドのビーチ。お弁当を持ってピクニックに来るのには最適。実にロマンチックな絵に描いたような南の小島であります。 砂はとても細かく、有孔虫やサンゴや貝殻のかけらはあまり見られません。人工物の見られない島とビーチ。なんという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more