テーマ:在沖米軍基地

波の上ビーチ(沖縄・那覇)

仕事で沖縄に来ました。まず那覇の波の上ビーチに行ってみました。ビーチの前には2本の大きな橋がかかり、車の音が常に聞こえます。水もなにやら奇妙な濃い緑色。夏でもちょっと水に入りたいと思う人は少ないでしょう。浜へ降りるのはコンクリートの階段とスロープ、波の上宮下の岩の周りには柵が設置されています。なんとも過保護な浜です。  1月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タモン(Tumon)ビーチ(Guam)

20年ほどには頻繁に訪れたGuamのTumonビーチです。湾をはさんで恋人岬が見えます。当時もパラオに住んでいて、そのころは買い出しや仕事の用事や気晴らしのため、よくグアムに出てきたものです。 今回は、ベトナムへの出張の帰り途、グアム大学でパラオ人学生と情報交換する会を持ちました。卒業したらパラオに帰ってきて、私たちのところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fort Lauderdaleの第11回国際サンゴ礁シンポ

フロリダのビーチを歩き回るついでに、Fort Lauderdaleで開催された第11回国際サンゴ礁シンポジウムに参加しましました。このシンポに参加するのは9回のバリ、10回の沖縄に続き3度目です。今回は、せっかくUSAで開催されるのですから沖縄のサンゴ礁が米軍基地の建設や存在によって直接間接に破壊されている状況について発表することにしま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

奥間米軍ビーチ

国頭村一番の繁華街である辺戸名にあるビーチでダントツ上等ビーチはこれです。とてもよく自然の海岸が残されています。 なにせ、この近辺のビーチがこんな状態なのですからここのビーチのすばらしさが映えます。なんてひどいことするのでしょうかねえ。 いやあ実に心地よいビーチです。 しかし、歩いていてちょっと奇妙なのは、海岸の後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古ビーチ。愚の骨頂の米軍新基地建設(2)

 だから言わんこっちゃない。米軍はフレンドリーな隣人では必ずしもありません。レイプや暴行はこれまで何度も何度も発生してきました。いまさら驚くことではなく、どの程度の頻度で起きるかと予測し対策すべきものです。基地を誘致することで行政機関の上層部がお金を得たいのは分かります、制度や組織を維持したいのは分かります。でも、犠牲は大きく、それは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のビーチ:ジュゴンと環境アセスを葬るのか(2)

 去年から辺野古で那覇防衛局が行なっている「環境現況調査」って何?  この間、普天間飛行場の代替施設を辺野古の海を埋め立てて建設しようという事業の環境アセスに関して、沖縄県仲井眞知事が沖縄防衛局長に提出した知事意見は、多くの人を失望させたと書きました。そこでは、方法書の再提出を要求しなかった点を挙げましたが、もうひとつは、本来環境アセ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

嘉陽の浜―ジュゴンと環境アセスを葬るのか

沖縄のビーチ、いや環境全体を考える際にいちばんホットな話題は、過密地域に位置する米軍の普天間飛行場を返還する代わりに、ジュゴンのすむサンゴ礁である名護市辺野古の海を埋め立てて基地を建設しようとしていることです。この美しい嘉陽の浜もその近くに位置します。 【貴重な海岸線】  辺野古周辺の海域は、県が自分で作成した「自然観光の保…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

砂浜を壊すな。沖縄の砂浜に襲い掛かる脅威

 これまで数多くの沖縄の砂浜を歩いてきました。島を取り巻く砂浜は沖縄の大切な財産です。波浪のエネルギーを吸収して島を守り、子供も大人も浜で遊び、美しい景観は心を癒し観光客を呼びます。  そのようなかけがえのない沖縄の砂浜に前例のない危機が訪れました。  2008年1月11日、普天間代替施設の建設を計画する防衛局が沖縄県環境影響評価審…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

辺野古ビーチ。愚の骨頂の米軍新基地建設

お待たせしました。辺野古ビーチです。やんばるの東海岸には、名護市も含め、多くの素晴らしい砂浜があります。まず、辺野古のビーチを取り上げます。名護市辺野古といえばキャンプシュワーブです。米軍基地は一般に土地に対して建造物が余裕をもって創られているので、このビーチもとても自然度の高い素敵なビーチに見えます。ここは、同時に普天間代替基地の建設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリイ・ステーション裏のビーチ

読谷の渡具地ビーチからてくてく北へ歩いて行くと、木綿原ビーチがあり、その先がアメリカ陸軍の施設・トリイ通信基地である。実はその間には踏み倒されたフェンスがあるのだが。アメリカ海兵隊が第2次大戦で最初に上陸したところと言うことで、戦後60年たっても依然として占領している。戦争するなら勝たなきゃ、ということか。そのビーチが上等なのである。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプキンザーの海岸

最近まで沖縄島の南部西岸に唯一残された海岸でした。2011年の現在はこのようになってしまいました。天然海岸の大切さを訴えた声もありましたが、それは省みられなかったようです。おかげでまっすぐな道路が完成し、交通渋滞も緩和されました。 (この図はホントはhttp://www.city.urasoe.lg.jp/nisikai/kouk…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクマビーチ

航空会社が経営するホテルに隣接する有名なビーチです。 白くて細かい砂は手入れがよく行き届いています。ほとんどゴミも落ちていません。 ちょっと恥ずかしくなるほどロマンチックな小道具が配置されています。観光客が喜ぶのが目に浮かびます。 となりは米軍基施設です。米軍関係者が沖縄の海で遊ぶため確保している土地です。どうせわれわれが…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more